Owl's insight

話題のTVドラマ「半沢直樹」の最終回を見た私の友人たちが、昨晩からけっこうSNSで騒いでいます。大半はドラマの結末に不満ありで、その論点は「自己の利益の為に迂回融資を指示した大和田常務はなぜクビにならないか」「半沢直樹はなぜ出向なのか」というもの。ここはひとつ私が元銀行管理職の観点で、納得のいくようにご解説申しあげましょう。

まず、大和田常務の降格という処遇について。ドラマの中で本人も「懲戒解雇になっても文句が言えない立場」と口にしていましたが、結果は外部出向でもなく平取締役への降格止まり。半沢の同期が、合併行の融和を重んじて相手行トップを完全掌握することを狙いとした頭取の温情人事であると言っていましたが、私はその見方は全くのはずれとは言わないもののあくまで付随的な理由であると思います。

最大の理由は、中野渡頭取自身の保身でしょう。定例の役員異動でない時期に№2の常務を更迭するなら、「東京中央銀行に何事があったのか」と大問題に発展しかねません。それが役員の家族企業への迂回融資であったなどと分かったなら(話題になればたいてい関係者からリークされます)世間的には大事件であり、対金融庁上もタダではすまされない問題に発展することは想像に難くありません。さらには銀行の信用問題にも発展するでしょう。そうなればすなわち、頭取の責任問題は回避できません。単なる降格人事であるならば、「与信管理上の責任をとらせた」等々理由はいくらでもつけられるのです。

「私は人を見て判断した」などと大和田常務本人に平気な顔でのたまう中野渡頭取は相当なたぬきであると思われますが、銀行上層部にたぬきはつきものです。このドラマの事件は、迂回元の企業が金を返してくれと言っている以上完全に犯罪であり、また私欲での迂回融資など、言い訳の余地なきコンプライアンス違反です。この事件を金融庁に対しては虚偽報告もしくは未報告で済ますであろう中野渡頭取は、大和田常務の上を行く一番の悪(ワル)であると断言していいと思います。

次に、半沢直樹の出向人事について。このドラマでは再三再四、出向は片道切符の「悪いモノ」的なイメージで語られ続けていますが、現実は必ずしもそうではなく、“一回休み”的な待避ポストとしての外部出行も存在します。特に今回の半沢氏への辞令は、グループ内証券会社と思われる先への営業企画部長発令です。同じ金融機関への出向は、銀行業法上本体では取り扱えない金融業務を身につける場でもあり、将来の役員候補に対する教育的出向であると理解できるものでもあります。

しかも、関連会社の職位はひとつ下の職位が本体の対応職位であり、営業企画部長という部長職は本体でば副部長がそれにあたります。すなわち本店次長職の半沢氏にとっては昇格人事であり、不満を感じるべき異動ではないのです。外部出向時に昇格人事で外に出すと言うのは“片道切符”ではあり得ないことなので、この点からも半沢氏の出向が片道ではないことが分かります。

さらにもうひとつ、半沢氏の出向人事には金融庁からの検査入検時の対応に関する指導に形式上答える必要に迫られたものでもあるのでしょう。対金融庁向けの「ご指摘の人物は主要ラインから外部への異動を命じました」というポーズです。要するにこの点もまた中野渡頭取の保身対応が見てとれるのです。私には金融庁長官宛、上記に関する報告書を携えて平身低頭“ご説明”にあがり、事なきを得て帰りの黒塗り公用車の中でほくそ笑む中野渡頭取の姿まで目に浮かんでくるところです。

いずれにしましても、多くの方々がご指摘の通り、続編を作らんがためのキャストの温存というシナリオありきのエンディングであるとは思われるのですが、上層部のさらに深い闇を最後に暗示させると言う意味で、銀行員観点からはよくできたエンディングであると思います。続編では、半沢直樹氏の中野渡頭取への「倍返し」を期待したいところです。

いきなり自分が提案する方法の説明をしても,聴衆は「はぁ?何の意味があるの?」と感じてしまいます.

1)世の中にはこういう問題があります.この問題を解決することは非常に重要で社会的に意味があることです.

2)これまでにもこの問題に取り組んだ人達がいますが,こういう点が未解決です.

3)そこで,問題解決のために,こんな方法・技術を提案します.

4)こういう条件の下では,提案する方法・技術はこんな効果があります.凄いでしょ.

このような流れで発表すると,聴衆も違和感なく受け入れることができるでしょう.発表は流れるように.

ArialはよくHelveticaと間違われやすいですし、Helveticaがないときに代替として使われる書体でもあります。事実Arialは見た目がHelveticaっぽくなるように作られたものですし、ArialはHelveticaの字幅と完全に一致するように作られています。欧米のタイポグラフィ界ではArialの使用はすなわち「Helveticaの不使用」という書体選択における妥協または無頓着を表しているように見られますし、僕も大筋では同意します。基本的には絶対必要な状況(Webサイトで互換性確保のためなど)がない限り使わなくてよい書体と言って差し支えないでしょう。

しかしそれ以前に、私たちはArialのことをどれだけ知っているのでしょうか。なんと発音するか知っていますか?いつ誰がどういう経緯で作ったのか、なぜ今よく使われているのか、考えてみれば疑問だらけではありませんか?現在僕はArialのチーフデザイナーであるロビン・ニコラスと同じ職場で働いておりますので、これを好機として徹底的にArialを調べ上げることにしました。飲み会で語ったらドン引きされること間違いなしの情報量でお届けしたいと思います。

六本木のある店、そこは勝新のなじみの店だった。
そこに今でも、脂の乗った鮭の腹の部分とわさびを添えて茶漬けにした「バズ茶漬け」という名物がある。
命名者は勝新だ。彼の好物で、初めての客が来ると必ず勧めていた。
命名の由来はB’zの稲葉浩志。

勝新がいつものように、その時は違う名前のその茶漬けを食べていると、一人の男が店に入ってきた。
勝新には初めて見る顔だ。初めてだが、勝新はその男が一目で気に入ってしまった。
いわば一目惚れである。
「おめえさん、いい顔してるな。おめえさんの目は本物の目だ。いい、凄くいい。
裕次郎以来、久し振りに本物に出会った思いだ」
勝新は男に話しかけた。
「ありがとうございます」
「ところで名前は何て言うんだ?」
「稲葉浩志です」
これが二人の出会いだった。
顔だけで人間の善し悪しを判断していく。これも勝新ならではの特技だろう。
その時、勝新は彼がB’zのボーカルであることは無論、何をしているかも知らなかった。
以来二人は生ビールにテキーラを垂らして「マリファナ・ドリンク」と名づけては乾杯していた。

彼がB’zのボーカルだと分かってからは、時間の許す限り自ら購入したチケットでコンサートに行っていた。
ある横浜でのライブに感動した勝はいきなりステージに上がり、青いテンガロンハットを稲葉の頭に乗せた。
それは兄の若山富三郎の形見の帽子だった。
このテンガロンハットは今現在も稲葉の宝物として、稲葉のプライベートスタジオに
大事に飾られていると稲葉本人が発言。
その時のコンサートのタイトルが「BUZZ」。自分達の演奏を例えて「蜂がブンブン騒いでいる」という意味だ。
それにちなみ勝新は、彼と出会った店での大好物を「バズ茶漬け」と名づけた。

勝新が入院する時、稲葉は初めてのソロアルバム「マグマ」を出した。
「お届けします。早く元気な顔を見せて下さい」
アルバムにはこんなメッセージが付いていた。
勝新は感激して、死ぬまで何度も、そのアルバムを繰り返し聴いていた。
「一度だけでもいい、死ぬまでにもう一度稲葉さんに会わせてあげたかった」
勝新が死んだ後、中村玉緒さんの口からこんな言葉を聞いた・・・。

  鬼澤慶一「涙の取材手帳」 幻冬舎


勝さんは稲葉さんを俳優にしたいと考えていたけど、B’zのボーカルということが分かり
諦めたとも言われています。

B’zの9th Album『SURVIVE』の中に「Shower」という曲があります。
これは、勝さんへの思いを歌った曲だと言われています。

♪時間がね できたらね もう一度会いたいと
  ウソじゃなく感じてた でも僕はおそかった ♪


ちなみに六本木のある店というのは、『田賀』さんですが
今は赤坂見附に移転されています。
Ultralite Powered by Tumblr | Designed by:Doinwork